Now Loading...

その他施工事例 | インターネット通信回線代理店「MAXメディエイト株式会社」原状回復工事、リフォーム・リノベーション|浜松市

その他施工事例

  • その他

2020/09/06

ドアクローザー 調整方法のご紹介

扉の開閉を調節するためのドアクローザーですが、調子が悪くしっかり扉が閉まらないということで調整してまいりました

調整方法をご紹介しますので参考にしていただければと思います

※ちなみにこのドアクローザーですが、本体から油が漏れているのが確認できるようなら寿命ですので交換をオススメします

玄関扉 ドアクローザー調整
  • ドアクローザー本体
  • ドアクローザー本体
  • 扉の上のほうについている四角いボックス(誰でも一度は見たことがあると思います)
    このボックスで扉の締まる速さを調節しています。
  • ドアクローザー側面
  • ドアクローザー側面
  • まずはドアクローザーから油漏れがないか確認してください(今回は油漏れもないのでスピード調整をするだけでした)。
  • 調整弁
  • 調整弁
  • 通常本体の側面(ドライバーが当たっている面)に調整用のネジがついていますのでこれを絞めたり緩めたりすることで扉の開閉スピードが変わります。
    調整弁は1個~3個タイプまであり、ネジもプラス、マイナス、専用スパナのタイプがありますのでクローザーに応じて用意する工具を変えましょう(ちなみに画像のクローザーは調整弁が2つでプラスドライバーのタイプでした)。
    調整弁を締めると開閉スピードが遅くなり、緩めると早くなります。
    注意点は調整弁を緩めすぎると油が漏れますので緩めすぎないようにしましょう。

Copyright © 2022 MAXメディエイト 株式会社 All rights reserved.